top of page

<書籍情報>

早坂暁必殺シリーズ脚本集(早坂暁 (著/文) 

  高鳥都 (編集 | 解説) 発行:かや書房)

 2024年2月28日発売

 

 早坂暁が送り出した必殺シリーズの全シナリオが完全収録され

 さらに「斬り抜ける」の1話分を秘蔵スチールとともに掲載。

 早坂暁の筆による必殺シリーズの歴代オープニングナレーションも収録されます。

 詳細は、以下からどうぞ!

   https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784910364445

4/21発売の「必殺シリーズ異聞 27人の回想録」著者・高鳥都 立冬舎

 に、早坂暁のエッセイ及び「富田由起子が語る 早坂暁と必殺シリーズの思い出」

 というインタビューが掲載されています。

 https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3123317409/

                                      

<放送情報>

2024/03/08(金) 21:00~22:40 「刑事 蛇に横切られる」BS255 日本映画専門チャンネル

2024/03/22(金)  同上

  

2024/03/10(日) 20:00~23:00 「空海」CS218 東映チャンネル

<以下、全てU-NEXT配信>

★ドラマ「夢千代日記」

★ドラマ「花へんろ・一章」

★ドラマ「関ヶ原」

★ドラマ「必殺仕掛人」

★ドラマ「必殺からくり人」

★ドラマ「新・必殺からくり人」

★ドラマ「必殺からくり人・富岳百景殺し旅」

★映画「夢千代日記」

​★映画「天国の駅」

★映画「空海」

★映画「千年の恋 ひかる源氏物語」

★映画「ダウンタウン・ヒーローズ」

​★映画「公園通りの猫たち」

https://video.unext.jp/freeword?query=%E6%97%A9%E5%9D%82%E6%9A%81

 

   

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 (エッセイ集)

「この世の景色」 発行:(株)みずき書林

https://www.mizukishorin.com/konoyonokeshiki

<内容紹介>

「私は昭和の子で もっぱら昭和の涙、昭和の笑い、そしてそして、昭和の無念ばかりを歌ってきたような気がする」

​超虚弱児で生まれた。戦争で死ぬと覚悟した。被爆直後の広島に入った。何度も何度も大病を患った。

それでも、平気で生きてきた。
反骨をユーモアで包み、あたたかい眼差しと飄々とした足どりで歩き続けた早坂暁。
原爆で死んだ妹のこと、親友・渥美清のこと、遍路道と母親のこと。

破天荒で、自由で、優しかった男の、あたたかな想像力。
初単行本化の9編も加え、遺されたエッセイから名品を精選する。

​まえがき 桃井かおり

表紙絵  男鹿和雄(「となりのトトロ」など、ジブリ映画の背景・美術監督)

あとがき 富田由起子

​​★2019.10.07     読売新聞で書評&紹介されました。

★2019.10.16  愛媛新聞で書評&紹介されました。

★2019.10.24  朝日新聞で書評&紹介されました。

★2019.11.10  しんぶん赤旗で書評&紹介されました。

★2019.11.10  産経新聞で書評&紹介されました。

★2019.11.26  週刊朝日で書評&紹介されました。

★2019.12.14  徳島新聞で書評&紹介されました。

​​★2020.01.17  週刊読書人で書評&紹介されました。

★2020.01.17  中国新聞で書評&紹介されました。

★2020.01.19  山形新聞で書評&紹介されました。

★2020.02.08     山陽新聞で書評&紹介されました。

★2020.08.06     読売新聞「編集手帳」で紹介されました。

★2021.03.01  日本海新聞で紹介されました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

吉永小百合さんが、自身の誕生日である3月13日(月)に

 『吉永小百合60周年記念BOX~星よりひそかに 雨よりやさしく~』を発売されます。

 2021年の(NHKNHK・BSプレミアム「新・BS日本のうたスペシャル 作曲家吉田正生誕百年記念コンサート」)

 での、語り: 吉永小百合、歌: 坂本冬美での「夢千代日記」のコラボレーションが好評を博して

 CD化を望む声が多く上がっていたことから、これを再現し新しく録音されたものがDISC5にスペシャル企画として 

 収録されました。

 (歌・夢千代日記は、作曲・吉田正さん 作詞・早坂暁です)

 レコーディングでは、お二人ともに感激し、お互いへの感謝と絆が深まり、ふたりにとっての大きな宝物となったと

 語っています。

 

 

Akira Hayasaka
 

bottom of page